判子の歴史・豆知識

ハンコの歴史

ハンコの起源

中東の遺跡(紀元前7,000年~6,000年頃)から発掘されているハンコが世界最古とされていますが、使用されるようになったのは紀元前5,000年頃の古代メソポタミアと言われています。
当時のハンコは今とは違い、円筒の外側に絵や文字を刻み、それを転がすようにして押印していました。

日本最古のハンコ

日本最古のハンコとしては、西暦57年ごろに中国から日本に送られたとされる「漢委奴国王印」という純金製の王印が有名です。
その後、徐々に政府や地方の支配者の公の印として使われ始めました。

ハンコの広まり

個人の印として印鑑を押す習慣が定着したのは平安・鎌倉時代であったようです。明治時代になると、公の印はすべて法律の規定に従って管理・使用されるようになります。
そして現在ではご存知の通り、個人の印は印鑑登録制度が導入されています。

ハンコの豆知識

朱肉のつけすぎ注意

「くっきり押したいから」とついつい朱肉をつけすぎてはいませんか?
実はそれ、逆効果。軽くポンポンと朱肉を付けるのがポイントです。加えて、〝の〟の字を書くように圧を加えて捺印すれば上手に押せますよ。

他国の印鑑事情

実は今日では、欧米諸国や他の国々ではハンコを押す習慣がありません。
日本に住む外国人が印鑑証明を必要とする場合は代わりにサイン証明の制度がとられています。捺印文化は日本特有のものなんですね。

100円ハンコの危険性

捺印文化のある日本において、ハンコとは個人を証明してくれる重要なものです。
100円ショップで売られているような大量生産のハンコでは、安全性から見てもあまり良いとは言えません。実印にはできるだけ手作りで世界にひとつしかないハンコを使用しましょう。

実印、銀行印、認印の違い

一般に個人で使用される印鑑には実印・銀行印・認印の3種類があります。
実印と銀行印、銀行印と認印を併用されている方も実は多いのではないでしょうか。実印・銀行印・認印にはそれぞれ役割があります。印鑑の併用はセキュリティ面から見てもお勧めはできません。それぞれの役割についてご参照いただければと思います。

実印
市町村役場から印鑑証明書がとれる印のことを実印と呼びます。住民登録のしてある役所に印鑑登録をした時点で法律的な効力を持つようになります。

銀行印
法律的に銀行印という特定のものは存在しません。
実印を必要としないが、金銭の受け渡しなど、普段の生活で金銭を管理する重要な印を銀行印と位置また呼びます。流動資産関係に使う印で、預貯金のためには金融機関に登録する必要がありますので既成の大量生産の印では金融関係で断られるケースもあります。
大切な財産管理に使う銀行印こそ材質のしっかりしたもので作ることをお勧めします。

認印とは
認印の使い分けは書留・小包・宅配便その他用途多岐にわたります。
日常的には、毎日家庭や会社に届く荷物の受取りの証しとして必要な印です。実印・銀行印よりひとまわり小さく作るのが普通です。荷物の受け取りなどには、浸透印のような便利なスタンプ印ができているので、普通の荷物の受け取りに大変便利になっています。
ただ「三文判」といえども捺印する以上は責任が発生しますので、押印の際はくれぐれも慎重に対応いただければと思います。

ハン伸有限会社

〒790-0034 愛媛県松山市藤原町663番地 TEL:089-943-6063 FAX:089-931-6559